メニュー
フリーダイヤル 0120-009-388

お肌のくすみは「似合う色」で解消できる?!

健康美コンシェルジュのdekoです。DEKO_白黒小140px

今日のテーマは「色」です。

・毎日選ぶメイクや衣服の色
・美味しそうな食卓の彩りやお菓子やフルーツの色
・心地よい空間を演出するインテリアの色合い

色は、日常生活の衣食住すべてに関係しています。

色をうまく活用できると・・・

・自分らしさを表現できて、初対面の印象が違う
・簡単に栄養バランスを考え、健康管理ができる
・若返りやダイエットをサポートしてくれる etc

美容や健康にも、色のチカラは効果を発揮します。

そんな色をdeko風に分類すると

「似合う色」「好きな色」「役に立つ色」の3つになります。

今回は、「似合う色」についてお伝えします。

■似合う色

似合う色を結婚に例えると、「お見合い結婚」みたいなものです。
お見合いの場合、相手の家族構成・勤務先・収入・学歴・経歴など
釣書を交換して、お互いの条件が合うかどうか・・・
自分にふさわしい人を探し出します。

このように、似合う色って、
お肌が「一番健康にみえる条件の色」を探し出すことです。
個人を引き立たせる色が存在します。

自分の「似合う色」ってご存知ですか?

お肌の色は、体内に含まれる3つの色素
・カロチン
・メラニン
・ヘモグロビン
の含有量で異なってきます。

「個人の特徴」と「色の特徴」が一致したもの
それが「似合う色」です。

例えば、

・この色の服を着ると「老けてみえる」
・周りから今日は大丈夫?「顔色わるいよ」

なんて言われるときは「似合わない色」かも、、

色彩学的に説明すると
隣り合う色によって、色が変化して見える「色相対比」のことです。

下の図は、一番わかりやすいオレンジ色と灰色で
お肌の色が違ってみえる実験です。

真ん中の□はどちらも同じ色ですが、同じにみえますか?

色相対比

・お肌がくすんでみえる!
・老けてみえる!

原因は「似合う色」にあるかも知れませんね。

自分の似合う色がわかると、
・ファンデーションの色
・メイクの色モノ(チーク・リップ・ネイル)
・洋服や小物
・アクセサリー etc
自分をコーディネイトするすべての色が簡単に選べます。

わたしも似合う色を知るまでは、好きな色のリップを買っていました。

ピンク色好きのdekoですから、
もちろんキュートでかわいいピンク色です。
でも、似合わない色でした。(>.<)
わたしの似合う色は、ピンク系ではなく、オレンジ系でした。
でも、オレンジ系のピンク色があるので、今はその色を選んでいます。

メイクの色モノは、似合う色を知らないと
間違った色選びをしているかも知れませんね。

じゃあ、似合う色ってどうして探すの??

次回のブログでお伝えしますね。
お楽しみに!DEKO_140px (2)

美肌    「手」

こんにちは・・・mariaです。

・・・・・・ 今日は手についてお話したいと思います。

 

先日、とあるスーパーのレジで並んでいた時のことです。

私の前に一人のマチュア女性が並んでいました。

彼女は持参していたエコバックをカゴにセッティングし始めました。

何気なく彼女の手元に目がいきます。

私はその「手」にくぎ付けになりました。

綺麗!まさに手美人

若い女性のような綺麗さでは決してありません。

家事をこなしている手でした。

血管も浮いています。

指の節も目立ちます。

、、、、でもとても美しい!!

とにかく、みずみずしい肌。

毎日酷使している手なのに手入れがゆきとどいた手なのです。

・・・・手・・・・・

 

ハンドクリームを頻繁につけてもすぐに家事で洗い流してしまいます。

・・・・すぐにカサカサになってしまう手。

手のひらと足の裏には皮脂腺がないので脂がでません。

だから余計にカサカサしやすいのです。

彼女の手に見惚れたのは まずは指先でした。

彼女の手に似合う形に整えられていて

何よりとてもきれいなネイルポリッシュをつけていたのです。

確かに手の甲には薄いシミもあります。

でも  目立つ指先の爪がそのシミをカモフラージュしていて肌の色をきれいに見せています。

手入れが行き届いている「手」はまずは柔らかいものです。

家事をやらない手ではなく しっかり家事もしていて

美味しいおにぎりを握っても なんら不思議ではない手でした

おもわず「きれいな手ですね!」

と声かけてしまいました。

爪だけが綺麗なのではなく 「手」!全体が美しい。

カゴに入れる商品までもが いいものに見えちゃう。

・・・・・・

私「ネイルサロンでですか?」

と質問すると

彼女「いいえ 自分で」

私「ちょっと いいですか?」

思わず指先を触らせてもらっちゃいました。

甘皮は綺麗にカットされていて 硬くなりがちな指先の角も柔らか。

そして長すぎず 短すぎない爪の形はオーバル。

そして そして 手を綺麗に見せてくれるポリッシュの色は

サーモンピンクでラメなし。

左の薬指だけに シルバーのシールが貼ってありました。

色々聞きたい衝動にかられましたが 見ず知らずの方に

しかもレジ前でねほりはほり聞くわけにもいかず それ以上はあきらめました。

顔も見たのに 顔は覚えていません(笑)

でもその手の綺麗さは はっきり覚えています。

彼女はきっと丁寧にハンドケアをされているんだろうな、、、、。

そして自分の手に似合う「爪の形」、自分の手に「似合う色」を知っているんだろうな、、、

素敵!!!

 

仕事柄爪を長くできない人も多いでしょう。

そんな時間はないわと言う人も多いでしょう。

でも、、手って 目立つんです。

顔以上に!

カナダの知人が言ったことを思い出しました。

「カナダでは まずは顔より手! 爪!のケアよ」

「そしてムダ毛!」・・・・・・

本当かどうかは定かではありませんが

 

それくらいカナダの女性は手のケアに力を注ぐらしいです。

確かに毎日使う手。目立つ手。

自分は勿論、人にも見られる部分です。

高齢者施設でも一番人気がネイルです。

80歳 90歳の方々が ご自分の綺麗になった手をみて 本当に嬉しそうになさいます。

大事な部位なのに 結構粗末に扱っているような気がします。。

いろんなものに触れ、感じる手。

顔にはそこそこ気を使うのに 手は顔につけた残りの乳液、、なんて人も多いのでは?

ネイルケアは・・・・

顔のお手入れと同じくらい ちょっとだけ丁寧にお手入れ

してみません?

次回は ・・・

簡単ハンドケアの方法を伝えしたいと思います。

BY maria

 

MARIA_140px (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

アンチエイジング

こんにちは、、、、mariaです。

 

今、アンチエイジングという言葉が頻繁に使われています。

 

・・・・・年齢に逆らい、闘い、そして綺麗になってみせます!

そんな無理するような、頑張り過ぎの感じがしませんか?

 

ちょっと暗い、テンション低~っ、、、、みたいな感じをうけるのは私だけでしょうか?

アラフォー、アラフィフなど

ミドルエイジと言われる40歳、50歳代はテレビや雑誌で明るく取り上げられているのに、

 

シニアとなると、ミドルの華やかさのある言葉と裏腹に少々マイナスイメージで語られます。

 

「老いる」という言葉がついてまわり暗い、寂しい、ちょっと元気のない話が多いように感じます。

だからシニアと言われるとなんとなく抵抗があるのでしょうか。

65歳以上はシニア?

40歳から50歳くらいはミドル?

じゃあ50歳以上、65歳以下は?

、、、なんかすっきりしません。

なんとなく、ミドルとシニアの間に別の呼び名があってもいいんじゃないの?

と思い始めました。

 

それが💙

💝💝💝「マチュア」💛💛💛です!

 

「マチュア」は成熟した、、大人の、、という意味があります。

 

マチュア💙 💙 💙 ん〜っ💕

 

いい響きではありませんか?

 

マチュア世代に勝手にしちゃいました。

 

ミドル以上 シニア未満を「マチュア」と呼びたいと思います。

 

私の周りにはいつまでも若々しくて綺麗な70歳代がワンサカいらっしゃいます。

 

シニアなんて失礼でとても呼べません!

 

マチュアです!!!

 

そんな方々は、決まって周りからみると人生を謳歌されていて非常に明るい。

 

まだまだやれる、

まだまだ世の中から必要とされているという感じです。

やりたいことだらけのようです。

 

生きることに早くも疲れてしまった若者と

一度出会せ、話をしてもらえたら、この元気色が移るかもと要らぬことを考えてしまうこの頃です。

誰しも老いるわけですが、この年齢不詳の方々に共通して言えることは、近くに忍びよる自分自身の「老い」をしっかり自覚されているように思います。

そして、老いることをあるがままに、自然に受け入れていらっしゃるように感じます。

一抹の不安や、淋しさなどの気持ちを自分自身で整理整頓しながら、前に進む力をお持ちなんだと思います。

決して「アンチ」ではなく、老いを受け入れ共に進むというイメージでしょうか。

素敵なシニアに突入するためには、ミドルからマチュアに、そしてこのマチュア世代をどう過ごすかによって、シニアにどう突入するかが決まるような気がしてなりません。

マチュア、、、素敵なマチュアになるにはちょっと工夫が要るようです。

次回からは そんな工夫を少しずつお伝えしたいと思っています。

 

BY マチュア代表 MARIA_140px (2)

 

 

このページの先頭へ