メニュー
フリーダイヤル 0120-009-388

アンチエイジング

こんにちは、、、、mariaです。

 

今、アンチエイジングという言葉が頻繁に使われています。

 

・・・・・年齢に逆らい、闘い、そして綺麗になってみせます!

そんな無理するような、頑張り過ぎの感じがしませんか?

 

ちょっと暗い、テンション低~っ、、、、みたいな感じをうけるのは私だけでしょうか?

アラフォー、アラフィフなど

ミドルエイジと言われる40歳、50歳代はテレビや雑誌で明るく取り上げられているのに、

 

シニアとなると、ミドルの華やかさのある言葉と裏腹に少々マイナスイメージで語られます。

 

「老いる」という言葉がついてまわり暗い、寂しい、ちょっと元気のない話が多いように感じます。

だからシニアと言われるとなんとなく抵抗があるのでしょうか。

65歳以上はシニア?

40歳から50歳くらいはミドル?

じゃあ50歳以上、65歳以下は?

、、、なんかすっきりしません。

なんとなく、ミドルとシニアの間に別の呼び名があってもいいんじゃないの?

と思い始めました。

 

それが💙

💝💝💝「マチュア」💛💛💛です!

 

「マチュア」は成熟した、、大人の、、という意味があります。

 

マチュア💙 💙 💙 ん〜っ💕

 

いい響きではありませんか?

 

マチュア世代に勝手にしちゃいました。

 

ミドル以上 シニア未満を「マチュア」と呼びたいと思います。

 

私の周りにはいつまでも若々しくて綺麗な70歳代がワンサカいらっしゃいます。

 

シニアなんて失礼でとても呼べません!

 

マチュアです!!!

 

そんな方々は、決まって周りからみると人生を謳歌されていて非常に明るい。

 

まだまだやれる、

まだまだ世の中から必要とされているという感じです。

やりたいことだらけのようです。

 

生きることに早くも疲れてしまった若者と

一度出会せ、話をしてもらえたら、この元気色が移るかもと要らぬことを考えてしまうこの頃です。

誰しも老いるわけですが、この年齢不詳の方々に共通して言えることは、近くに忍びよる自分自身の「老い」をしっかり自覚されているように思います。

そして、老いることをあるがままに、自然に受け入れていらっしゃるように感じます。

一抹の不安や、淋しさなどの気持ちを自分自身で整理整頓しながら、前に進む力をお持ちなんだと思います。

決して「アンチ」ではなく、老いを受け入れ共に進むというイメージでしょうか。

素敵なシニアに突入するためには、ミドルからマチュアに、そしてこのマチュア世代をどう過ごすかによって、シニアにどう突入するかが決まるような気がしてなりません。

マチュア、、、素敵なマチュアになるにはちょっと工夫が要るようです。

次回からは そんな工夫を少しずつお伝えしたいと思っています。

 

BY マチュア代表 MARIA_140px (2)

 

 

big-sheep美容顧問のご挨拶

Big-sheep美容顧問のmaria(まりあ)です。

「いつまでも美しく健康に暮らしたい」をテーマに
記事を書いていきます。

まず、mariaの簡単プロフィールです。


mariaのプロフィール

MARIA_白黒小_140px

《AGING ARTIST》
エイジング アーティスト


カッコいいネーミングをつけています。

年を重ねる美しさを演出する!
、、、、まぁ、簡単に言えば若くない人を綺麗にする仕事です。

若い、若くないはどこで判断するのでしょう?
それは人それぞれですよね。

だからすでに若々しくて綺麗だと自信のある人には、
役にたたないブログになると思います。

なので綺麗な人は読まないでくださいね。(笑)

人は残念ながら年々、加齢とともに顔もカラダも、、、
そしてココロまで老いていきます。

でも、その年齢の美しさがあるんです。

40歳.50歳、60歳、70歳、80歳、、、
その年齢しか出せない美しさがあるのです。

そして、そんな自分のキレイに、
自分が気付いていない人がいかに多いかです。

すっごくキレイですよ!

ちょっと、こうするともっとキレイになれますよ!

そんな綺麗を手にいれるためのお手伝いをさせてもらうのが
mariaの仕事です。

決してアンチエイジングというアンチではありません。

自分の年齢を受け入れる。

人が年を重ねていく美しさと、一抹の寂しさと、豊かさと、、、
が合わさった、混ざったような、そんな素敵さ!

この「綺麗」を手にいれるのには、美容という、
ちょっとしたテクニックも必要です。

これを知っているのと知らないのでは、綺麗さに雲泥の差がでます。

そして、ココロが、「綺麗」にかなりの影響力を持っているのです。

そのあたりは、色とココロのプロ「deko」とともにお伝えしていきますので、よろしくお願いします。

MARIA_140px (2)

「美と健康」big-sheepブログ始めました

ご訪問ありがとうございます。

big-sheepオンラインショップ店長&管理人のdeko(でこ)です。

このブログは、「いつまでも美しく健康に暮らしたい」思いから、

イロ×ココロ×カラダ=健康美肌 について、

  1. わたしが大切だと思うこと
  2. Goodなニュース
  3. 食べてみたい!やってみたい!

と思うことを書いていきます。

気になる記事があれば読んでみてくださいね。

まずは、わたしのプロフィールです。


dekoのプロフィール

DEKO_白黒小140px

健康美コンシェルジュ


■化粧品が合わなかったわたし

学生から社会人になるとき、はじめて日本の化粧品メーカーの人に
お肌のお手入れ法やメイクの仕方を習いました。

でも、使った化粧品が合わなくて、かゆみや赤みがでてしまいました。

それに出来上がった自分の顔をみて「わたしじゃない~!」

おまけに香料も「好きじゃない~!」

そんな経験から、無香料のエリザベスアーデン製品を最低限つかう
シンプルisベストがわたしのスタイルでした。

 

■メイクに興味がなかったわたし

学生時代の夢は、ケーキ屋さん。

今では、パティシエといって女性のあこがれの職業ですが
その時代は、男性職人の仕事でした。
夢あきらめ就職したものの、なにか新しいことをしたくて・・・

「女性が自立するにはこの資格」というキャッチに誘われて

似合う色を診断する「カラーアナリスト」の資格を取得しました。

そのことを、エリザベスアーデンの美容部員さんにお話すると、
「スゴイじゃない! 似合う色みてあげたら、メイクが必要になるわよ。
メイクを習ったらどう?」ってすすめられました。

「わたし、、メイクは興味ないし、好きじゃないです。」と答えると

「だから、やるのよー!
苦手なことに挑戦して、できるようになったらスゴイことよ!」

そのアドバイスを素直に受けて、「メイクアップ」の学校に通いました。

メイクのコースが終わると、、、

お化粧って土台が大事。
汚い壁にペンキを塗っても、はげ落ちるでしょう。

お肌も同じ。大事なのはスキンケアよ。

その言葉を真に受けて、次は、エステのコースへ。

3年かけて、カラー・メイク・エステの資格をとって
副業で土日だけ営業するマンションエステを開店しました。

 

■美容の世界から色彩心理の世界へ転換したわたし

エステサロンのお客様は、学生時代の友人や勤務先の知人です。

施術後は、くつろいで言いたいこと言って帰っていきます。

1年ぐらい経ったとき

「キレイになる人」
「キレイにならない人」の法則 発見!!

美肌づくりには、心の問題が関係しているように思えました。

思い立つと行動が早いわたし
エステサロンを閉店して、心理学を学ぶために大学に編入しました。

心理学といっても範囲は広く、どの分野を専門に研究するか考えたとき

色から始まったわたしの人生、、、こんな動機で「色彩心理」の道へ

「色でわかるあなたの心」なんて、、
「色占い」みたいな研究をはじめ25年

たかが色されど色
色の研究は、尽きることなく楽しいです(*^_^*)

 

■今のわたし

年齢:気持ちはいつも「ハタチ」
メイクも化粧品も最低限で、シンプルisベストは変わらず

  1. 色×心
  2. 色×食
  3. 色×脳
  4. 色×美
  5. 色×感

色とこんな関連でお伝えすることを考えています。
美肌づくりと健康づくりに役立つ記事を書いていきたいです。

ピンク色大好きなdekoをこれからよろしくお願いいたします。
DEKO_140px (2)

このページの先頭へ