メニュー
フリーダイヤル 0120-009-388

研究者が語る!ナールスゲンの凄さ!

健康美コンシェルジュのdekoです

ナールスゲンが化粧品として販売されて4年目になります。

2017年10月20日(金)に
ナールスゲンという成分の研究成果を報告する
ナールス研究会が開催されました。

研究成果を世の中に役立てたい!!
研究者だからこそナールスゲンの凄さを試したい!!

そんな「ナールス信者」になってしまった
研究者と関係者の集まりでした(笑)

これまで・・・

ナールスゲンは真皮にある線維芽細胞を活性化し、
コラーゲン・エラスチン・HSP47に加え、
表皮細胞内グルタチオンの増加までは解っていました。

グルタチオンは、強力な抗酸化作用があり、
活性酸素の増加を抑えることができ、

・生体内で有害物資の解毒
・老化防止などのはたらきがあります。

つまり、真皮と表皮のダブルで
お肌のエイジングケアに作用する成分だということ!

 

ここから【最新情報】

 

その後、理化学研究所と

「ナールスゲンによる皮膚機能調節の分子生物学的研究」

を進めた結果、今年新たに・・・

 

①ヒアルロン酸合成酵素の産生に対する作用が高まる。

②皮膚創傷治癒に対する作用が高まる。

③皮膚のバリア機能に対する作用が高まる。

 

ことが発表されました。

 

皮膚バリア機能では、ケラチンが増加する。

 

ケラチンとは、皮膚、髪、爪など
角質層を形成する成分で
18種類のアミノ酸が結合したタンパク質です。

 

だから、ナールスミントを使い続けていると
毎朝の洗顔で

・お肌がツルツルしている

・キメが細かくなってきた

・毛穴が目立たなくなってきた

 こんな実感しています(*^_^*)

 

理化学研究所の研究成果を裏付ける発表として
福岡の佐野クリニックから

「ナールスゲンを美容医療に取り入れた症例」

が報告されました。

 

美容クリニックでは・・・

 

①お肌のトラブルによる痒みが軽減する。

②帝王切開後の痒みやケロイドが治まる。

③薄毛治療で抜け毛が減った、髪が太くなる。

(育毛剤と同等の効果)

④ニキビ跡の肌のクレーター(凹ぼこ)もキレイになる。

 (水光施術(注射)とビタミンC導入(パック)使用)

⑤ストロイドにおとらない抗炎症効果がある。

 

などなど、
ビフォー・アフターの写真で臨床の実際を報告されました。

 

ナールスゲンは、
「不足したものを補い、
過剰に増えたものを正常にする働きがある」
スゴイ成分だということです。

 

最後に

「京都大学内㈱ナールスコーポレーションの研究開発」

 

  • 新しいナールスゲン「ポストナールスゲン」が誕生します
  • 現行ナールスゲンがレベルアップします
  • 切り花の長持ち延命研究をしています
  • 粘膜バリア機能改善「口腔ケア」が次に目指す分野です

 ナールスゲンの更なる活躍を期待して、研究を続けています。
詳しいことはまた報告いたしますね。

 

【おまけの話】

ナールスゲンの研究者は、
ナールスゲンの凄さを実験したいナールス信者です。

 

愛犬の皮膚のただれや爪の炎症に
ナールスミントプラスをスプレーし
何日で治癒したか写真を撮ったり

 

息子のやけどの状態を
ナールスミントプラスで実験し
痕が残らずこんなにキレイになったと
ビフォー・アフターを写真に記録

 

薄毛治療で地肌が元気になることから
まつげにも効果が期待される

 

などなど・・・

 

毎日使い続けている商品の成分が、
こうした研究や臨床の成果を経て、
製造されていることを知っていただき
安心してご愛用いただきたいと思います。

★プレゼント付き「セット商品」【送料無料】終了のお知らせ!

プレゼントの終了は、

2017年11月30日(木)着分まで

 

物流業界の問題が度々ニュースで取り上げられ、

業界全体で改変が行われております。

それにともない、送料の値上げの要請が当店へも来ております。

送料値上げに伴い、当店も送料の改定を検討しております。

しかし、

お客様のご負担をできるだけ軽減し、

お求めやすい価格でのご提供を目指すにあたり、

送料の改定前に、

プレゼントサービスの終了を決定いたしました。

心よりお詫び申し上げます。

健康になるコツ!便利は不健康のもと「少車多歩」

健康美コンシェルジュのdekoです 

長寿十訓の最後のひとつ「少車多歩」
なるべく乗り物を利用しないで
歩くことで健康を保つということ。

今は、ちょっとそこへ行くにも自転車
歩いて小一時間かかるところは自動車
駅の上がり階段はエスカレーター
高層ビルはエレベーター

自転車も電動自転車で楽チンです
足を使うことが減ってきていますね。

人は昔に比べて、
顎(あご)と骨盤が退化しているそうです。

顎と骨盤の共通点は、
蝶番(ちょうつがい)のようになっていること。
2つの骨が一点を軸に動いて運動します。

チョウの羽のように、バタバタ運動になるので
蝶番(ちょうつがい)っていいます。

昔は、かたいものを、よくかんで食べたので、
顎(あご)がしっかり運動できていたそうです。
めざし、漬け物などは、その代表ですね。

今は、やわらかいものを、飲むように食するので、
顎(あご)がきたえられていないということです。
ゼリー、ジュース、サプリなど
飲んで栄養補給することが多いですものね。

骨盤も同じように、
昔は、よく歩き、よくしゃがむ姿をとったので
骨盤がしっかり運動できていたそうです。
今のように便利な乗り物がなく、
歩くことが移動手段でした。

それに、和式トイレでしたから、
毎日しゃがむ姿をとっていました。
また、タタミに座ったり立ったり、
そんな運動が生活習慣でしたよね。

今、生活スタイルが洋式になり、
トイレにしゃがむ姿勢も少なくなり、
イスに腰掛ける生活習慣です。

顎(あご)や骨盤を使うことが少なくなり
蝶番(ちょうつがい)のように
閉じたり開いたりできなくなってきているのですね。

体育座り(三画座り)ができない
子どもたちが多いということも納得できます。

なぜ、歩くことが大切なのでしょう?

足のふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれています。
下半身に滞りやすい血液をポンプのように
心臓へ送り返す働きがあります。

ふくらはぎの筋肉がよく動くと、
全身の血行が良くなるということです。

ふくらはぎや足の筋肉がポンプのように収縮し、
血管を圧迫する作用が心臓に似ているということです。

ふくらはぎが硬くなったり、筋肉が衰えたりすると
血液がうまく心臓に戻らないので、
足がむくんだり、
血圧が高くなったりします。
血液循環が悪くなるので、
冷え性や肩こりにもなりやすいです。

かかとの上げ下げやストレッチなどで
ふくらはぎをやわらかくすることがオススメです。

歩くことは、もちろん大切なのですが、
健康になる正しい歩き方が必要です。

歩くことは、人間の基本的な行為ですが、
正しい歩き方ってご存知ですか?

筋肉は正しく使えば発達し、
使わなければ退化します。

使い過ぎや誤った使い方は、障害の原因になります。
歩き方に悪いくせがあると、体に歪みをつくりだし、
肩・腰などにさまざまなトラブルが発生します。

正しい歩き方は、またの機会にお伝えしますね。
意識して「歩く」こと心がけましょうね。

by 

このページの先頭へ